Lilypie 3rd Birthday PicLilypie3rd Birthday Ticker

にほんブログ村 犬ブログへ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
犬(笑)参加中です犬(笑)
ポチッっとクリックして下さいぴかぴか(新しい)
黒ハート応援お願いします黒ハート

うんP撲滅1.jpg
↑  ↑   ↑  
基本ですexclamationマナーを守って、楽しい犬(笑)生活をぴかぴか(新しい)

2007年10月22日

楽しくワンコを安心した旅がしたい!

ええ〜っと、今回は真面目に文章のみの記事になるかもしれませんが、

私の「学」のない文章で最後まで読んでくれる人があるかどうかが

非常に心配ですが、読んでいただければ幸いです四葉


トイプードル鈴木君&松田君の育児ブログ

のいっちゃんこといちろー君が旅行先で事故に逢ってしまいました。


事故の内容はコチラ



読んで愕然としました。

リゾナーレホテル友達がとても素敵だから一度行ってみたいんだ〜ぴかぴか(新しい)

と言っていた所だったからです。

私もHPを以前見て憧れた所でした。


マスメディアにも沢山取り上げられていたリゾナーレ。

HPを見ても、本当に素敵な場所ぴかぴか(新しい)と誰もが思える所です。

でも、現実は違いました。


ペット産業ってなんなんでしょうか?

確かに現在ペットブームです。

ペット可にすれば、お客が入るから、マスコミにも取り上げられやすいからの

「ペット可」ではコチラはたまったもんじゃありませんちっ(怒った顔)




以前、私の知人がペット可のペンションに行ってヒドイ仕打ちにあいました。

私は、その時ブログに乗せなかったのですが、実際あった出来事で、事実無根では無いんです。

だから、他の方が同じ目に逢う事がないように今回書く事を決めました。



知人が泊まったペンションは伊豆高原の「オーベルジュ・ラ・オリーブ」



その時あった出来事とは・・・


知人がペンションに着いてお風呂に入っている間、ワンコが吠える訳ではなく

寂しそうに鳴いていたそうです。


そうしたら、食事の時は車の中に入れておくように言われて。

他に方法が無いか聞いたらしいんですが、それしか無いとの事。

契約書にもかいてあるだろうと言われたらしく。。。


「それなら帰ります」



知人がそう言い部屋に戻り、帰り支度をしていると

懐中電灯を持ってドアに犬のひっかき傷がないか調べに来て

「傷が付いていたら弁償してもらいます」と言われたそうです。

もちろん弁償するような傷はなかったようですが。

たったお風呂の間だけクンクンしてただけなのにそんな事まで言われて

お食事もせず、全額支払って帰ってきたそうです。


そこのHPには


「ペットお連れのお客様へちょっと厳しい条件とも思われるかも知れませんが

  快適に皆様がお過ごし頂けるようご理解の程、よろしくお願い致します。」


と確かに書かれています、契約書にもいろいろ書いてあったかもしれません。

でもペット可にするのなら、もっと犬の習性などを知ってからにしてもらいたいものです。

習性もわかってなく、そんなお金を払ってまで宿泊先に

「ペットも泊まらせてあげてるのになんで大人しく出来ないの?

的に思われてるのなら、ペット可にしていただかなくて結構むかっ(怒り)

本当に悲しいですバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)




逆に、

ワンコも決定と快くしてくださってる所ありがたい場所で


ず〜っとワンワン吠え続けても傍にいながら全く叱らない飼い主

マナーバンドもつけずオシッコをさせてしまっても笑ってる飼い主

自分の愛犬がフンしても拾わない飼い主


常識ハズレのオバカな飼い主がいる事も事実もうやだ〜(悲しい顔)


そういう人が一人いるだけで


「これだから犬(笑)は・・・」と思われるのもうんざりですちっ(怒った顔)


一人でもそういう飼い主が減るように。。。



ペットブームでペット可の所が増えてきている事はとても嬉しいことですが、

反面そういった悲しい事もたくさん起きています。

私たちも、ペット可だから黒ハートと簡単な気持ちで行くだけでなく

いろいろ調べてみて良し悪しを知り納得してから行くべきだなぁと

今回のいっちゃんの件で学びました。



たとえ「お犬様」と言われてもワンコだって

大事な大事な「家族」なんです揺れるハート



ウチの子をないがしろにして、おもてなししなかった店員がいたら



アタシ、ぜっったい許しませんから〜〜〜〜っexclamation×2



今回のいっちゃんのママとパパの大人な対応にClapClap

私だったら泣きながらどんっ(衝撃)大暴れどんっ(衝撃)でしょうねキット・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)



ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)いっちゃんが良くなって、
  早くゆーさく君と走りまわれますようにぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



静岡のお空の下でお祈りしてます夜



かく言う、私も11月3.4日は伊豆へ旅行に行ってきます四葉

今回泊まるお宿は、看板犬に可愛いスタンプーとフレブル2ピキ居る

ワンコ好きが集まるお宿デス。

このお宿は、いろんな方のブログなどを見て納得の上で決定したお宿です犬(笑)

個人のブログの方のほうが雑誌に書いてある事より事実ですからかわいい

でも、全てに100%はないのですから、とにかく安全第一で楽しんできます顔(笑)


みなさんも、ご旅行の際には、いっぱい調べて

よりよいお宿で楽しく安心したご旅行にいかれますようにexclamation×2

ぴかぴか(新しい)Bon Voyageぴかぴか(新しい)



最後に・・・

こんな私のヘタな読みにくい文章に最後まで付き合ってくださった

ソコの姫君&殿方様、感謝いたします(。-人-。)


今回は読んで考えて頂けるだけで非常にありがたいので、
 
                    コメントはクローズ致します。


11月9日 〜追記〜

下いっちゃんママのブログのコピーです下

---------------------------------------------------------------------------------------

昨日は、「あるプロジェクト」のお話しに参加・・・というか

プロジェクト発案の内容を見て色々お話しをしました。

今後リゾナーレが犬連れの宿泊客にとって過ごしやすい環境を提供したいという

総支配人と支配人の熱意を感じました。

パワーポイントで作られた資料の中に写真があって「既に取り組んだこと」についても

見せて頂きました。



まだあの時のショックというか記憶が鮮明な部屋の写真でしたが、

ベランダのテラス部分には、既にラティスが配されていてそのまま遠くには

行けないようになっていました。

これは、いちろーの事故の翌日にすぐに取り付けたそうです。

アメニティグッズを入れてあった雑巾バケツは、ピンクの可愛いカゴになっていました。

他に何か必要な物はないかと聞かれたので、ウンP袋やシーツを捨てる

専用のフタ付きゴミ箱がお外にあると、室内にニオイが篭らないのではないか?という

アドバイスをさせて貰いました。



写真を見ながら、もう少しラティスを広く廻して草原の部分まで使えるようにすれば

お部屋から出てすぐにドッグランという、お部屋の付加価値がつくのでは?と言うお話しもした。

これはすぐにそうします。と言う事だったので、1階のお部屋をリザーブできた人は

今後、ドッグラン付きのお部屋に泊まれる事になると思います。

次の会議のお話しを聞く頃には、その写真を見せてもらえそうです。



レストランのスペースの使い方や、犬がカフェ等に行った際の「落ち着くまでの時間」とか

犬が驚くような音や人間の動作などのお話しや、カートは高さに関係無く全面的にOKに

したほうが、カートに慣れているコが多いので犬も飼い主も落ち着くはず。というお話しもして

それも対応してくれるようです。



お部屋とかドッグランについては「施設」なので、それは取り組もうと思えば作ればよいことで

スグにも完成するのでそちらは早急に着手するとのことでした。

レストラン内は働いている人が犬が嫌いだったり、犬アレルギーだったり

犬は好きでも接し方が分からなかったりと云う事もあるらしいので

人を育てるという部分は時間がかかるかもしれませんね・・・。

そういう様々な問題もあるけど、既に取り組める部分は取り組み始めているそうです。



メンバーだった、トマムのガレリアスィートも4室犬がOKになったそうです。

そちらは壁剤・床材など全てがペット対応になったので、そちらの居室も参考にして

今後お部屋の内装も素材から変えて行くようです。





色々あったというか…あの日私が見たショックな光景はまだ記憶に新しいところですが

今、いっちゃんがこんなに元気になったので私達も総支配人と支配人と

膝を交えて話す事ができるようになりました。

前回お会いした時は力無いいっちゃんをダッコしたままお話ししたので

私の心はまだ硬く閉じたままでした。



いちろーが、あのまま事キレていたら今の私のこの考えには絶対に至らないとは思いますが

毎日いちろー君の様子は如何ですかと電話を下さった支配人の誠意と、

一日一日元気を取り戻して行くいちろーの様子を見ていると私の気持ちも徐々に変化しました。

先生に「お散歩に行っていいよ。」と言ってもらった時、様々な事に感謝しました。

励まし続けて下さった皆さんのお気持ちにも。助けて下さった先生にも。

すごくすごく頑張って元気になってくれたいちろーの笑顔があるのだから、

全面的に非を認め誠意を尽くしてくれた人を前に、いつまでも心を硬くするのではなく

全てを許そう。と思いました。

あの日あの時の不安だった気持ちや怒りに満ちていた気持ちも当然あったわけで

それも本当の事なので否定も訂正もしません。そういう気持も分かってくれました。



いちろーがこうして元の明るいイチローに戻って元気になったのだし。

パパとママは、いつまでも人を許せないような心の狭い人間じゃないし。ね

そう。

人間、幸せだと思える事や楽しい事が沢山あれば、いつまでもウジウジと

心に恨みごとなんて持っていられないものです。

毎日毎日次から次へと、どんどん楽しい事♪嬉しい事♪がやってくるのだから、

執念深く人を恨んだりしてる無駄な時間は無いです。ヾ(@⌒▽⌒@)ノ



治療費は領収証どおり小銭部分までキッチリ手渡しで頂きました。

心づけみないな物があると、ズルさとかアザトサを感じるトコロですが

このキッチリちょっきりが私的に高感度アップでした。



あのまま変わらないかもしれないし、ちょっと変わるのかもしれないし

もしかしたら、ワンコ連れに優しいホテルになってくれるかもしれないし

この先は未知数だけど、安心して泊まれて寛げて「来て良かった〜!また来たいね」と

思えるようなホテルに変化して行って欲しいと思います。頑張って下さい。

---------------------------------------------------------------------------------------

とても誠意ある対応だなぁと思いましたので追記させて頂きます。


サービス業は、信頼が大事。

だから、失敗してから信頼を取り戻すのには何百倍の努力が必要。



とサービス業をしていた父がよく言ってました。

間違った事をなぁなぁに天狗になってる奴らは許せませんが、

非を100%認めて誠意を尽くしてがんばる人達を私は

純粋に応援したいです☆

頑張ってくださいexclamation×2






ニックネーム りーたんげ at 00:48| りーたんげの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする